神戸で相続のご相談なら濱田会計事務所 各線三宮駅より徒歩5分
0120-932-116
平日9:00〜18:00 ※土日でも電話対応可能です。

お問い合わせ




Q44 相続放棄と生命保険金・死亡退職金の関係

DR109

 

 

相続放棄を行った場合、「死亡保険等の生命保険金」も放棄することになるの?と心配に思われる方もおられると思います。
今回は、相続放棄と、生命保険金(死亡保険金)の関係をまとめます。



 

1. 生命保険金は相続財産ではない

例えば、旦那様が、自分自身を被保険者(受取人 奥様)として支払っていた保険料の場合、
旦那様が亡くなった時点で、奥様に「死亡保険金」が支払われます。
 
しかし、この死亡保険金は、あくまで生命保険会社から受け取るもので、相続財産ではありません
保険金受取人の「固有の財産」となります。
 
つまり、「相続放棄」をした場合でも、別途、死亡保険金は受け取ることができます。
 
44-1



 

2. 生命保険金には相続税がかかる

上記の通り、死亡保険金は「相続財産」ではありませんが、「みなし相続財産」として「相続税の課税対象」になります。
つまり、相続放棄をした場合には「死亡保険金」を受け取ること自体問題ありませんが、税金がかかりますので。



 

3. 未成年者控除・障害者控除は?

相続税計算上、生命保険金に関しては「非課税枠」が認められています( 500万円 × 法定相続人の人数 )。
例えば、法定相続人が2人の場合、生命保険金1,000万円までは相続税がかかりません(Q10参照)。
 
では、相続放棄した方がいる場合はどうでしょうか?
法定相続人が減るので、上記「非課税枠」も減ってしまって損するのでは?と考える方もいるかもしれません。
 
大丈夫です!
実は、上記の法定相続人には、「相続放棄」を行った人も含めて「非課税枠」を計算することが可能です。
例えば、法定相続人が2人で、1人が相続放棄を行った場合も、非課税枠は、1,000万円( 500万円 × 2人 )で計算可能です。



 

4. 相続放棄者は、非課税枠の適用が受けられない

上記の通り、相続放棄者についても、「生命保険金の非課税枠」の計算上は、法定相続人に含めて計算が可能です。
しかし、実際、「相続放棄者」がこの非課税枠の恩典を利用することができるか?という点は、別問題になります。
 
相続放棄者は、最初から相続人でなかったことになるため、ご自身は生命保険金の「非課税枠」の利用はできません。
(=相続放棄者は、受取額全額が相続税の課税対象となる)
 
相続税の「非課税枠総額」は、相続放棄者も含めて算定できますが、実際この「非課税枠」を利用できるのは、相続放棄者以外ってことなんです。
 
少しややこしいと思いますので、簡単な事例を作りました。



 

5. 例題

(例)

  • 夫甲死亡、法定相続人は、妻A、子供B・Cの3人
  • 甲死亡に伴い、A・B・Cは、それぞれ1,000万円の死亡保険金を受け取った。
  • 子供Cは相続放棄を行った(生命保険は受け取ったが)。



 

(1) 生命保険金の非課税枠総額の計算

生命保険金の非課税枠総額の計算上は、相続放棄者を含めて計算できます。
500万円×人(相続放棄者も含む) = 1,500万円


 

(2) 生命保険金の非課税枠の利用

非課税枠総額(1,500万円)については、相続放棄を行ったC自身は利用できません
相続放棄者以外の法定相続人A・Bの2人で利用することになります。
 

  • A・Bが受け取った「死亡保険金」の合計は2,000万円
    ( A 1,000万円 + B 1,000万円 )
  • 生命保険金の非課税枠総額1,500万円は、A・Bが受け取った保険割合(1,000万円ずつ)で「非課税枠」を按分します。
  • Cは、相続放棄しているため、生命保険の非課税枠は利用できません

 
A非課税分 = 1,500万円 ×( 1,000万円 / 2,000万円 )= 750万円
B非課税分 = 1,500万円 ×( 1,000万円 / 2,000万円 )= 750万円
C非課税分 = ゼロ(相続放棄のため非課税枠の適用不可
 
まとめると以下の通りとなります。
 

死亡保険金受取額 非課税枠 課税額
A 1,000万円 750万円 250万円
B 1,000万円 750万円 250万円
C 1,000万円 0円 1,000万円

 
(結論)
相続放棄者Cが有していた非課税枠500万円は、C自体は利用できないが、その分、相続者であるAとBが余分に利用できていることになります。



 

6. 死亡退職金は?

死亡退職金も、生命保険金同様「みなし相続財産」となりますので、生命保険と同様の非課税枠が認められています。
そして、相続放棄の場合も、生命保険と同様の取扱いがなされます。



 

7. (ご参考)相続放棄者の相続税計算上の取扱い

相続税の「基礎控除額」については、たとえ相続放棄者であっても、法定相続人数に含めてカウントできます。
つまり、相続人内に相続放棄者がいたとしても、相続税総額に影響はありません。

(ただし、もちろん、相続税の配分額は変わります。相続する方は、相続放棄した方が本来もらうべき財産を余分にもらうことができますので、その分、相続税額は増加することになります。)