相続の豆知識 遺産分割




Q113 【徹底比較】「法務局自筆証書遺言の保管制度」と「公正証書遺言」を徹底比較

最終更新日:2021/06/29

  2020年7月10日より、法務局での「自筆証書遺言の保管制度」が始まりました。 「自筆証書遺言の保管制度」とは、「自らが手書きで書いた遺言書」を、法務局に預けることができる制度です。 法務局に預けることで、遺言紛失リスクの回避だけでなく、遺言の所在が明らかとなりますので、非常に有用な制度です。 今回は「自筆証書遺言の保管制度」を、「公正証書遺言」と比較して解説します。……

Q112 【2020年最新サンプル付!】自筆証書遺言の記載方法

最終更新日:2022/02/25

    遺言書には、大きく、①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3つの種類があります。 そのうち、①「自筆証書遺言」は、遺言者本人自身が自筆で作成する遺言書です。   1. 自筆証書遺言のメリットデメリット メリット デメリット 気軽に作成できる 証人が不要 何回修正しても手数料かから……

Q92【わかりやすく】代償分割とは?相続税・所得税等との関係/資金を確保する方法は?/相続税申告書や遺産分割協議書の記載例

最終更新日:2022/05/06

  相続人間での遺産配分割合が決まったとしても、相続財産の中に「不動産」など分割しにくい財産が含まれている場合は、相続割合ごとに「きっちり分割」することは困難です。   そこで、遺産分割方法として、「現物分割」の他、「代償分割」「換価分割」等、さまざまな方法が認められています。   今回は、遺産分割方法の1つである「代償分割」とはどういったものなのか?相……

Q90【換価分割とは】相続税・譲渡所得税の計算・マイホーム売却特例等の適用は?/単独登記の場合に贈与税が課税されるのか?

最終更新日:2022/05/19

  相続人間での遺産配分割合が決まったとしても、相続財産の中に「不動産」など分割しにくい財産が含まれている場合は、相続割合ごとに「きっちり分割」することは困難です。 例えば、相続財産が土地1つしかなく、相続人が2人いる場合、土地を物理的に2つに分けるしか選択肢がないのか?という論点です。   この点、「遺産分割方法」として、「現物分割」の他、「換価分割」「代償分……

Q89【遺産分割方法は4つ】現物分割・代償分割・換価分割・共有分割のメリットデメリット/選択するケースは?/不動産や預貯金の分け方は?

最終更新日:2022/05/07

  遺言書がなく、相続人が複数人いる場合は、相続人全員の話し合いにより、遺産をどのように配分するかを決定します。 「遺産分割協議」と呼ばれます。   この点、相続人間で遺産配分割合(相続割合)が決まったとしても、相続財産の中に「不動産」など、分割しにくい財産が含まれている場合は、相続割合ごとに・・「きっちり分割」するのは困難です。例えば、相続財産が土地1つしかなく、……

Q88 遺産の一部分割って?

最終更新日:2022/02/25

  すべての遺産分割を行う前に、遺産の一部だけを先に「遺産分割協議」で決定することも可能です。 「一部分割」と呼ばれます。(⇔すべての遺産の分割は「全部分割」)   1. 遺産の一部分割とは? 「一部分割」とは、相続人全員の合意のもと、遺産の一部を分割する方法です。 例えば、相続財産のうち、預金だけを先に「遺産分割協議」で相続人を決定する場合など……

Q63 遺産分割協議後に新たな財産が見つかった場合の対応は?/遺産分割協議のやり直しは贈与税や所得税に注意!

最終更新日:2022/06/15

  遺産分割協議も終わってほっと一息・・ と思ったら、その後に新たに財産が見つかってしまった!なんてこともあるかもしれません。 こういった場合、遺産分割協議をやり直す必要があるのでしょうか・・ 例えば、相続人が遠方に住んでいる場合などは、「遺産分割協議」をやり直すのは実務上ハードルが高いです。   今回は、遺産分割協議後に、新たな財産が見つかった場合の法……

Q35【遺産分割協議書記載例】遺産分割協議書が必要な場合・不要な場合とは?

最終更新日:2022/04/13

相続が発生した場合、相続財産につき、相続人全員の話し合いにより「誰が何を引継ぐか?」を決定します。当該協議結果を文書化したものは「遺産分割協議書」と呼ばれます。   ただし、「遺産分割協議書」は、相続が発生した場合に必ず作成する必要があるわけではありません。例えば、相続人が1人の場合は協議がありませんので、作成不要です。   今回は、遺産分割協議書が必要なケ……

Q19【未分割申告】遺産分割未了の場合の相続税申告のデメリット・申告期限の延長は?/配偶者控除や小規模宅地等の特例の適用は?

最終更新日:2022/06/15

  相続人が複数人で、遺言がない場合、相続後に「遺産分割協議」を行う必要があります。 しかし、相続人間でもめている場合などは、遺産分割の方針がまとまらないケースがあります。   「遺産分割」に期限は特にありませんが、「相続税申告書」の提出期限は、相続発生後10か月以内となりますので、遺産分割未了の状態で「相続税申告期限」が到来するケースがあります。 &……

Q8 寄与分って何?

最終更新日:2022/02/25

  例えば、生前に被相続人の「介護」をずっと行っていた方がいる場合、単純に相続時点の財産(介護分が反映していない)をもとに、法定相続分どおりに遺産分割を行うと、ちょっとかわいそうな気がしますよね。 介護している方は、その分評価してあげたいですよね。   そこで、公平性の観点から、民法上、「寄与分」という制度が認められています(民法904条の2)。 前回の「……