相続の豆知識




Q122【知ってる人はやっている】生前贈与は110万を超えてでも贈与する方がお得!事例で検証

最終更新日:2022/07/12

将来の相続税を節税する目的で、生前贈与を検討される方は多いかもしれません。 年間110万円以内の贈与については、贈与税は課税されませんが、110万円を超えた場合、贈与税の負担はどの程度になるのでしょうか? 実は・・将来相続税が生じる可能性がある方は、たとえ贈与税が発生したとしても、110万を超えて生前贈与をしておいた方が、お得なケースがあります。   今回は、相続税、……

Q121【貸宅地・貸家建付地の評価は?】自用地と比較 / 賃貸割合・一時的な空室の判断基準/小規模宅地等の特例との併用は?

最終更新日:2022/07/23

  同じように所有している土地でも、土地の評価は、その「利用使途」によって大きく変わります。   自由な利用制限のない土地(自用地)と比べると、賃貸している土地は、賃借人がいる分、利用する際に制約がありますので、相続税評価額は下がります。   「貸宅地」「貸家建付地」は、共に他人に賃貸している状態の土地のことを指します。 今回は、「貸宅地」「貸……

Q120【生前贈与】年間110万円までの「贈与税非課税枠」とは?契約書や証拠は必要?贈与税率は?

最終更新日:2022/02/25

  将来の相続税の節税を考えて、生前に贈与しておきたい!と考える方は多いですね。 贈与税については、年間110万円までの非課税枠があります。 この非課税枠を活用すれば、相続税の節税は可能です。 しかしながら、制度を正しく理解しておかないと、想定外に課税されるケースがありますので、注意点もあります。 今回は、「贈与税の年間非課税枠110万円」の内容と、留意事項につき解説します……

Q119 賃貸アパート贈与時の「負担付贈与」の適用関係

最終更新日:2022/02/25

  前回の「負担付贈与」の続きです。 今回は、賃貸アパートのオーナーが「アパートを贈与」する場合を考えます。 アパート経営をする場合、入居者から「敷金・保証金」を預かるケースがあると思います。 こういった「敷金・保証金」は、アパートオーナーの立場から見ると、将来入居者に返還しなければいけない「債務」となります。 この点、賃貸アパートを贈与する場合の「税金」は、入居者から預か……

Q118 不動産とセットで「住宅ローン」を贈与する方法は?負担付贈与と通常の贈与の違い

最終更新日:2021/06/29

  「住宅ローン付のマンションを子供に贈与したい!」というケースもあると思います。 こういった、「不動産」+「負債」をセットで贈与する行為は「負担付贈与」と呼ばれています。 「負担付贈与」の場合は、贈与を受ける側だけでなく、贈与する側にも税金が課税される場合がありますので、注意が必要です。   1. 負担付贈与とは? 負担付贈与は、財産を贈与するだけでなく債……

Q117 不動産賃貸を「法人化」することによるメリット

最終更新日:2022/02/25

[caption id="attachment_5095" align="aligncenter" width="2560"][/caption]   個人でのマンション経営の場合は、「賃料収入」を受け取れば受け取るほど個人に帰属する「相続財産」は増加します。 一方、個人⇒法人化すれば、「賃料収入」は法人に帰属するため、その後の「相続財産」を抑えることが可能です。 今回は、不……

Q116 遺言書の受遺者・相続人が、遺言者よりも先に死亡した場合の「遺言書」の効力/予備的遺言の重要性/遺言書は「相続させる」「遺贈する」どちらがベター?

最終更新日:2022/07/31

  「遺言書」がある場合、残された遺族は、相続発生後、原則として、「その内容に従って」遺産を分割する必要があります。 しかし、場合によっては、遺言作成者よりも「遺言書」に記載された受遺者(財産を受け取る人)が先に亡くなってしまうケースもあります。 この場合、「遺言書」の効力はどうなるのか?迷いが生じます。   1. 相続と遺贈の違い 相続とは、被相続……

Q115「名義預金」はばれる?時効や認定されないための対策・解消方法

最終更新日:2022/02/20

  相続税は、「亡くなった方」が保有する財産を引き継いだ「相続人」に課税される税金です。 しかし、亡くなった方の名義ではない財産も、「実質的に亡くなった方の財産とみなして」課税される場合があります。 その代表例が「名義預金」です。 今回は、税務調査でよく問題になる「名義預金」につき解説します。   1. 名義預金とは?具体例 名義預金とは、被相続人名義……

Q113 【徹底比較】「法務局自筆証書遺言の保管制度」と「公正証書遺言」を徹底比較

最終更新日:2021/06/29

  2020年7月10日より、法務局での「自筆証書遺言の保管制度」が始まりました。 「自筆証書遺言の保管制度」とは、「自らが手書きで書いた遺言書」を、法務局に預けることができる制度です。 法務局に預けることで、遺言紛失リスクの回避だけでなく、遺言の所在が明らかとなりますので、非常に有用な制度です。 今回は「自筆証書遺言の保管制度」を、「公正証書遺言」と比較して解説します。……

Q112 【2020年最新サンプル付!】自筆証書遺言の記載方法

最終更新日:2022/02/25

    遺言書には、大きく、①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3つの種類があります。 そのうち、①「自筆証書遺言」は、遺言者本人自身が自筆で作成する遺言書です。   1. 自筆証書遺言のメリットデメリット メリット デメリット 気軽に作成できる 証人が不要 何回修正しても手数料かから……