相続の豆知識 申告手続全般




Q109 相続手続きに便利な「戸籍の附票」とは?

最終更新日:2022/02/25

    1. 戸籍の附票とは? 戸籍の附票とは、戸籍に記載されている方の住所の履歴を記録した文書のことです。 戸籍謄本とセットで、本籍地の役所に置かれています。   住民票の場合、現住所と1つ前の住所しか記載されていませんが、戸籍の附票は、戸籍が作成された時点からその後の住所が記載されています。   なお、住所変更があった……

Q108 相続実務での「除籍謄本」の意味

最終更新日:2022/02/25

相続財産の名義変更をする際に、銀行や法務局などから、「除籍謄本」の提出が求められる場合があります。 今回は、「除籍謄本」の内容と、相続実務で「除籍謄本」と言われた場合の実質的な意味を解説します。   1. 除籍謄本とは? 現在の戸籍は、「夫婦とその子供2世帯のみが単位」となっています。 子供が結婚した場合は、子供は親の戸籍から抜けて、子供夫婦が新しい戸籍を作りま……

Q87 法定相続情報証明制度とは?取得方法は?

最終更新日:2022/02/25

  「法定相続情報証明制度」とは、相続手続に必要な「出生から死亡に至るまでの戸除籍謄本」を、1枚の紙にまとめることができるという制度です。 料金は無料で、何枚でも発行してくれますが、1枚の紙に集約するために必要な資料は、利用する側が準備・提出しなければいけません。   1. 「法定相続情報」とは? 「法定相続情報」は、被相続人の出生から死亡までの戸……

Q86 相続に必要な戸籍の入手方法

最終更新日:2022/02/25

  相続の場面では、被相続人の「出生から死亡に至るまでのすべての戸籍」を揃えなければいけません。 具体的に・・この「戸籍謄本」は、どのように揃えるのでしょうか?   1. どうやって揃える? 大きな考え方として、戸籍は「新しいものから古いものへと遡って取得」していきます。 被相続人(お亡くなりになられた方)の最後の本籍地で「最後の戸籍謄本」をと……

Q85 相続の際に必要な戸籍の種類

最終更新日:2021/08/25

  相続の場面では、被相続人の「出生から死亡に至るまでのすべての戸籍」が必要となります。 また、相続する側の方は、「戸籍謄本」も必要となります。   なぜ、相続の場面では、「戸籍」が必要となるのでしょうか? 今回は「相続に必要な戸籍」の内容についてまとめます。   1. 相続ではなぜ戸籍がいるの? 相続でなぜ戸籍が必要か?・・結論を……

Q2【同居が要件?】生活費や教育費に贈与税はかかる?都度贈与・一括贈与で違いは?

最終更新日:2022/02/25

[caption id="attachment_431" align="alignnone" width="1024"] 例えば、親から子供に金銭等を渡した場合は、「贈与税」の課税対象となります。 でも、お子さんを育てるための「生活費」や「教育費」はどうでしょうか? もしこれらに税金がかかるのなら・・お子さんを育てること自体大変ですよね? そこで、税法上は、「扶養義務者相互間」における……