神戸で相続のご相談なら濱田会計事務所 各線三宮駅より徒歩5分
0120-932-116
平日9:00〜18:00 ※土日でも電話対応可能です。

お問い合わせ




Q73 ゴルフ会員権購入で相続税評価額が下がる?

DR147

 

 

相続対策として、不動産を活用する方法は、結構よく聞きますよね。
でも、不動産は・・安い買い物ではありませんし、なかなか相続対策というだけで簡単に購入できるものではありませんよね。
そこで・・もう少し手軽に相続税評価を下げることができるものとして、「ゴルフ会員権」があります。

 
Q73-1
 

ゴルフ会員権は、おおむね「取引価格の70%」で評価できますので、現金で保有するよりも、相続税評価額は安くなります。

 

1. ゴルフ会員権の評価方法

(1) 取引相場があるゴルフ会員権

取引相場があるゴルフ会員権は、原則として、取引価格の70%で評価を行います。
ただし、取引価格に含まれない「預託金」がある場合は、返還預託金等の金額を加算します。
 
課税時期の取引価格 × 70% + 返還される預託金等
 
なお、預託金等返還までに「一定期間」がある場合は、「割引現在価値」で評価を行うことも可能です。



 

(2) 取引相場がないゴルフ会員権

取引相場がないゴルフ会員権の評価方法は、以下の3つです。
 
① 株主のみが会員となれる会員権
通常の株式評価と同じ
 
② 株主かつ会員となるために預託金等が必要な会員権
株式評価額+預託金評価額の合計で評価します。
預託金の評価は、取引相場がある会員権と同様の評価となります。
 
③ 株主ではなく、預託金等のみの会員権
預託金評価額で評価します。
預託金の評価は、上記同様です。



 

2. 負担付贈与にすると?

負担付贈与とは、財産だけでなく、借金も同時に贈与するものです。
例えば、「自宅と住宅ローン」をセットで贈与するような場合です。
例えば、自宅財産評価額≦住宅ローンの場合は、マイナスの財産を贈与することと同じですので、贈与税はかかりません。
 
(例題)

 
  • 取引相場があるゴルフ会員権を500万円で購入(預託金はなしとする)
  •  

  • 自己資金250万、借入金250万で購入(借入金は返済なしとする)
  •  

  • ゴルフ会員権の取引価額は、500万円で変わらないものとします。
     
    上記のゴルフ会員権と借入金を、負担付贈与で奥様に贈与した場合は?
  •  
    (結論)

       
    • 相続税評価額500万円 × 70% = 350万円
    •  

    • 借入金・・250万円
    •  

    • 「負担付贈与」で奥様に渡す場合は、350万円 - 250万円 = 100万円の財産を贈与したことと同じになります。
      この場合、贈与税の非課税限度額(110万円)の範囲内ですので、贈与税はかかりません。
    •  
      つまり・・実際は500万円で購入したゴルフ会員権も、「負担付贈与」を活用すれば、贈与税や相続税がかからない場合があるということです。



       

      3. 実務上の留意事項

      預託金(返還請求権)は、取引価格に
      含まれているのか?
      含まれている場合と、含まれていない場合がありますので、実務上は必ず確認が必要です。
       
      この有無により、相続税評価だけでなく、売却する際のキャッシュフローにも影響します。
      相続後に名義書換した際の名義変更料は
      相続税評価上控除できる?
      できません。
       
      ゴルフ会員権は、相続後に名義変更を行わなければいけません。
      しかし、この名義書換料は相続後に、相続人が負担すべき費用ですので、相続時の「相続税評価額」から差し引くことはできません。
      破たんしたゴルフ場の会員権評価は? 一言で破綻したゴルフ場といっても、さまざまなパターンがあります。
       

      • プレーもできず、売買もできない場合
        ⇒相続税評価額はゼロ
      •  

      • プレーはできる場合
        ⇒通常の評価。
        預託金が戻ってくるかどうか不明な場合は預託金がないものとして評価をします。



       

      4. まとめ

      上記の通り、ゴルフ会員権の相続税評価額は、現金で保有するよりも安くなります。
       
      でも考えてみて下さい。
      ゴルフ会員権も不動産同様、将来売却できるか?はわからないですし、将来ゴルフ場が破綻する可能性だってあります。
       
      そもそもゴルフをしない人からすると・・個人にとっては価値のないものですよね。
      ですので、近々ゴルフ会員権を買う予定の人だったら、ゴルフ会員権を買うことで、結果的に生前対策にもつながるので良いと思います。
      でも・・生前対策として・・ゴルフをしないのに「ゴルフ会員権」を買うのは・・本末転倒ですので!